スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
去勢手術について
2006 / 10 / 23 ( Mon )
※この記事はタイマー投稿です。
 本日来客のため対応が遅くなりますのでご了承くださいませ~。



10月20日(金)にディラの去勢手術のことを覚えているうちに書きとめておこうと思います。

delilah_20061023_02.jpg


※長文なので興味のある方だけに~。

手術12時間前からの絶食を指示されてましたので、前夜の23時半ぐらいまでになるべくご飯を食べてもらいました。
当日の朝はいつのものように4時半頃私たちを起こしに。
いつもなら起きるとまずちゅぱりんぐ>ご飯の流れなのですが、この日はちゅぱりんぐのあとのゴハンがあげられません。
ディラも「どうして?」という顔でご飯トレイの前で私の顔を見上げました。
そしてもう一度ちゅぱりんぐするディラ。
もう一回やればご飯が出てくると思ったのでしょうか(^_^;)
可哀相だけど「今日はダメなの。今日だけ我慢ね。」と言いながらごまかしました。
その後も何度かご飯が欲しいとトレイの前に座って私を見上げてましたが、ガブーするほどの催促はせずなんとか病院に連れていく時間に。

準備をしようと、キャリーバックを出してくると早速中に入って香箱座り。
ディラは何故かキャリーバックが大好きで、いつも自分から入ります。
(病院にしか行った事ないのに何故なんでしょう?)
私たちも準備がすみ、ディラもキャリーで待機。ファスナー閉めても何も言いません。
家から病院まで徒歩15分ほどなのですが、その間文句も言わずキャリーの中で大人しくしてました。

・・・・が、しかし。

病院の自動ドアをくぐった瞬間、どこの野良さんの喧嘩かと思うような唸り声に鳴き声、そして威嚇の嵐・・・
ここに来るまでの大人しい猫さんはどこへやらです。
キャリーを覗く私たちにでさえ、シャーシャーカッカッと威嚇します。
先生も「また怒ってるねぇ」と言いながら「少し落ち着かせてから血液検査して手術にしますね~」とのことなのでディラを預けました。

ところでこの日私はミスを連発。恥ずかしいので小さい声で。(^_^;)
世田谷区では避妊・去勢の助成金(去勢は3000円)が出るんですが、その申請書のことををすっかり忘れて家に置いてきてしまったのです(^_^;)
あと獣医師会からの助成金(去勢は1000円)も出るのですが、そのための印鑑も。
さらには、書類忘れでパニくっていた私は財布を受付に置き忘れて帰ってくるという失態まで・・・
ディラの手術の心配で頭がいっぱいだったとはいえ、ボケボケです。
とりあえず、書類も印鑑も財布も引き取るときに、ということで家に戻りました。


家に戻ってからは何にも手につかず、引き取り予定の17時まで悶々と過ごしました。
麻酔の覚め具合には個人差があるので、一度電話入れてからきてくださいというので17時ピッタリに電話を。
もう引き取りにきてOKとのことなので、忘れ物ないか確認し病院へ向かいました。

病院では3人ほど先客がいたのでちょっと待たされましたが、順番がくると奥の部屋から大声が・・・
「起こしたら怒っちゃった」と先生。
麻酔きれたばかりとは思えないほど元気に唸り声をあげ、キャリーを覗く私たちに威嚇。
手術の際、マイクロチップも入れてもらったのですが実演することもできず。
(実際は肩甲骨の間の所にバーコードみたいのをかざすとコード番号が出てくるらしいです)
さらに血液検査の説明を大声で受け(ディラがうるさくて聞こえないため)、術後の注意を聞きました。
(ちなみに血液検査は問題ありませんでした~。)

帰るとき「こんな怒ってて家に帰っても大丈夫?」と心配そうな先生。
夫婦そろって「ドア出た瞬間大人しくなるので大丈夫です」と。
「そうかぁ、なんで病院こんなに嫌いになったんだろう・・・」とちょっと寂しそうでした。
ちなみにホント丁寧で優しい先生なんです。
里親募集とか積極的な病院で、いろんな支援活動にも協力しています


さて、会計している間もウーフーシャー言っていたディラですが、案の定、病院出た瞬間にピタリと鳴くのをやめました。
旦那と顔を見合わせ噴出してしまうほどピタリとw
覗きこんでも平気。ニャアと普通の声で私たちを見てます。
先生呼んできて見てもらいたいぐらいでした(^_^;)
家に帰る途中、多少鳴きましたが、「早く帰りたいよぉ~」ぐらいな感じです。

家に戻ってから少し怯えた感じがしましたが、お腹がすいているようで、まずご飯。
麻酔切れたばかりは吐きやすいと言われていたので、少なめに与えました。
その後、眠そうにウトウトするのですがちょっとした音で目が覚めてしまうようでしたが、落ち着いたらグッスリ寝てしまいました。

【トイレ&ご飯関係】
手術当日、手術前にチッコ1回、戻ってきてから1回。
ウンチ~は手術前日の夜に1度、手術後は次の日の夜に1度。(珍しく丸2日後でした)
ご飯は一度も戻さず、今ではすっかり元通りの量も食べれます。

最後に術後1日目(21日)の手術箇所の写真。
載せようか迷ったのですが、今後去勢をされる方の参考になればと思い載せます。

delilah_20061023_01.jpg


ほとんど分からないほど小さい傷で驚きました。
手術を決めてから他のブログをいろいろみて回ったんですが、中にはすごい傷になっている子もいたので。

ちなみに縫い目は見えないように縫ってあるそうです。糸は抜糸が必要ないものを使っているとのこと。エリザベスカラーも必要ナシ。
病院によって随分違うのだと実感しました。
当の本人は毛が剃られているのがちょっと気になるのか、多少舐めますが今の所問題なさげです。
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<寒い~ | ホーム | 術後の報告 【去勢手術後2日目】>>
コメント
--一気に読ませて頂きました(*´∀`*)--

失敗を・・・と書かれていたので
何だろう?と思っていたんですよ(*´ェ`*)
世田谷区は助成金が出るんですね・・。
私の住む市では出ないんです。
取り組みが遅れているんですね(´~`;)
きっとディラ君の事で頭がイッパイイッパイだったんですね!
朝ご飯をあげられないつらさや、お迎えまでのそわそわした感じ・・・etc
思い出しました(;_;)
そして!傷が小さいのでビックリしました!
ディラ君のエリザベス姿を想像していたのでアレレッ?と思っていたんです・・・。
病院の中と外のディラ君の様子の違い・・・
面白いですね~( *´艸`)
by: nano * 2006/10/23 13:09 * URL [ 編集] | page top↑
--ディラちゃん、よくがんばりました!--

僕も去年の11月に世田谷(等々力)の病院で生後6ヶ月で手術しました。
僕は何しろ浣腸(頑固な便秘で・・・)の時のほうがつらかったから(苦笑)、去勢手術は比較的軽いほうでした。確かに先生のことを威嚇しましたけど・・・。
術後は体質が変わって太りやすくなるっていうからディラちゃんも気をつけてね!僕もあの頃から較べると結構太りました・・・(現在1.5歳で4.7kg)
またね。
by: みゅうたん * 2006/10/23 14:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

ちょっと忙しくしていて、お久しぶりになってしまいました。
まずは手術の成功、おめでとうございました。
問題なく済んだようでなによりです♪
(え?まるさんの財布?)笑)

病院によって、手術の方法とか術後の対応とか、違うものなのですねぇ。
カラーとか抜糸とかはできればないほうがいいですものね。
良いお医者さんのようで、ほんとに良かったです~。
それにしても、ドアをくぐったら大騒ぎとか急に静かになるとか、ディラちゃんおもしろい(笑)。
by: みか@猫大好き * 2006/10/23 15:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

まるさん、ホントにお疲れ様でした。私も経験したので、共感できるトコロ多かったです。
それにしてもディラくんは本当に病院がダメなんですね!ニオイ・・・なのでしょうか?ここまで嫌われちゃうと病院の先生もちょっと切ないでしょうね。(;^ω^)
何はともあれ一番がんばったディラくん、お疲れ様でした!
by: naminou * 2006/10/23 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

ウチもだいたい同じでした~
傷口も一緒!
でもウチは術後のごはんはNGでしたワw

それにしても、病院の中と外でのディラ君の様子の違いに吃驚ですよ!
ウチはキャリーから出して先生を見た瞬間
フーシャーが始まります^^;
病院嫌いというより先生が嫌いなのかも…(汗)
あんまりコーフンすると困っちゃいますよね。
by: こめ * 2006/10/23 21:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

本当にご苦労様でした。

うちもとってもよい先生で、傷口はほとんどわかりません♪
しかし、その病院&先生にすごい恐怖感を覚えたらしく結局連れて行けなくなり病院を変えました…。今の先生もとってもやさしい先生なのですが、白衣が怖いのかな?やっぱり…。(ーー;)

去勢猫はよく食べるようになるらしいです。(うちの奴も確かによく食べる…)
ディラ君はどうだろう??
by: マダムふ~ * 2006/10/23 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
--ふむふむ--

今から去勢を受けていく身として、大変参考になりましたー。
まるさんの気苦労・気疲れ具合がよくわかります。
ほんとお疲れ様でした。
レオンの時はどうなるんだろう・・・
それにしてもディラ君の病院での態度が凄いですね(汗)
病院を出た瞬間ピタッと止むのが可笑しいですね~
エリザベスカラーをしていなかったので「アレ?」と思ってたんだけど
なるほど、納得です♪
by: こう@ * 2006/10/23 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

いや 本当にまるさんもディラ君もお疲れ様でした。

男の子だと 一日で引き取りなんですか~
女の子だと 入院したりするんですかね~。

ディラ君のタマタマ しょぼ~んとなってますね。
by: カーズ * 2006/10/23 22:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。
ディラちゃんの手術、無事に終わってよかったですね。

実は、うちにもDelilahというコがいるんです。
名前の由来は全く同じです。
Freddieが亡くなって、1月ほどたったある日、庭で鳴きながらブルブル震えている仔猫を抱き上げたら、ゴロゴロ言ってしがみついてきました。
その頃の私はFreddieショックから抜けきれず、アルバムを聞いては泣き暮らしていたのですが(本当。1年くらいやってました。)、このコを見て、”Freddieのところから来たんだわ!!”と思い込んで、この名前を付けました。
ですからディラちゃんを他人(他猫ですね)とは思えません。
うちは女の子で、というにはだいぶベテラン猫ですが、避妊手術の後は、病院の人に私自身が”怒ってるので連れて来て”と言われたほどでした。
これからもどうぞよろしく。
by: 猫乳母 くんちゃん * 2006/10/23 23:07 * URL [ 編集] | page top↑
--たくさんのコメントありがとうございます!--

■nanoさんへ
長文なのに読んでいただきありがとうございます。
世田谷区の助成金と獣医師会の助成金でトータル4000円OFFでした。
女の子だともっと出るようです。
税金が有効に使われているというのを実感しましたw
傷口はにゃん玉の上をちょこっと切っただけらしく、縫わなくてもいいぐらいの傷らしいです。
(この病院では念のため縫ってます)
女の子の場合は、傷口大きいですもんね。
エリザベスカラーも必須ですし・・・
完治するまでnanoさんもいろいろ大変だったと思いますが、Nanoちゃん、何事もなくてよかったです!

■みゅうたんさんへ
みゅうたんさんも世田谷なのですね。
助成金のことを知った時は、税金がやっと有意義に使われていると思いましたw
ところで、便秘気味というのは大変ですね。
ディラは幸いうんち~関係でトラブルが今の所ないのです。
我が家ではちゅぱりんぐをする際、触り放題なので腹部マッサージをやるようにしております。
そのお陰か、最低でも1.5日に1度の便通があり、しかも大量ですw
術後は代謝が落ちるらしいですね。
体重管理には気をつけます!

■みか@猫大好きさんへ
お忙しいのに長文読んでくださってありがとうございます~。
当日はボケボケというか、あたふたしまくりでした(^_^;)(お恥ずかしい。。
エリザベスカラー&抜糸がいらないというのはホントいい病院だったと思います。
やっぱり術後にもストレスがあったりすると可哀相ですしね。
病院での態度の変化についてはワクチン接種とかなら動画とる余裕ありそうなので撮ってみたいと思ってます。

■naminouさんへ
平蔵くんが当日ぐったりしていたので、我が家でも覚悟をしていたんですが拍子抜けするほど元気いっぱい威嚇しまくってましたw
病院が嫌いになったのは、帰省で1泊だけペットホテルに預けて以来なんですよね。
そのとき何かあったのでしょうかね~。
誰か通訳してほしいです(^_^;)

■こめさんへ
もち君の傷と同じ感じですよね。
Beforeの大きさには随分違いがありますがw
(っていうか、ホント大きくてビックリしましたよ!w)
ディラは病院の何が嫌なのか全然分からないです。
帰省のときに1泊させてからなので、また預けられるんじゃないと思うのかもしれません。

■マダムふ~さんへ
松吉くんも病院ダメなんですよね。
我が家も病院変えたほうがいいのかなと何度も考えました。
ところで去勢後の食欲ですが、今の所それほど変化が見られません。
でも本などには代謝が落ちるとかで、術前と同じように食べさせると太るって書いてありました。。。
体重の様子を見て、ご飯の量を考えたいと思います~。

■こう@さんへ
ディラの場合、ご飯我慢させている間に普段齧ったりしないもの(偽モノの観葉植物の葉など)を齧ったりしてしまったので、すごい注意が必要でした(^_^;)
お腹すいていると何食べるか分かりませんね。。
レオンくんもこれからですもんね、、
なるべくストレスのない手術が受けられるといいですね。
病院での態度の変化はいずれワクチン接種とかのときに動画撮れればと思ってますw

■カーズさんへ
術後はグッタリ、という定説を打ち崩してくれるほど元気でしたw
女の子は丸1日入院とかが多いようですね。
傷も大きくてエリザベスカラーは必須、腹巻きしている子も見たことあります。
ところでディラのにゃん玉、しぼんでしまいました・・・
なんかペタンコになった感じがします。
でも毛が生えてきたらあんまり気にならなくなるかなと思ってます。

■猫乳母 くんちゃん さんへ
はじめまして!
同じお名前の猫さんがいるんですね(*^_^*)
海外ではよく見かける名前だったのですが、日本でははじめてです~。
フレディのファンは旦那なのですが、命日の日にはライブビデオみて泣いてますw
ご迷惑でなかったらDelilahちゃんにお会いしたいのですが、URL教えてくださいませんか?
では、こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願いたします!
by: まる@管理人 * 2006/10/24 09:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

ディラくん 手術お疲れさまでした!
まるさんも心配のあまり色々あったようですがお疲れさまでした!^^
ディラくんは終始元気だったようですね。傷もとっても小さいし、あのモフモフだった毛が刈られてる!というぐらいの印象ですね。本人的にも痛みなどないのでしょうか?
助成金、とっても助かりますね。私の地域はどうなんだろう?一応調べてみよう。
ところで、普段は獣医さんを威嚇しないコテツも避妊手術のあとは威嚇していましたが、今まで誰にも怒ったこともなく、威嚇の声を聞いたことがないアントンがどんな反応を示すのか気になります~。

by: お母はん * 2006/10/24 10:44 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます!--

■お母はんさんへ
はい、傷はホント小さくて驚きました。
手術後すぐは、痛くてチッコやうんち~など出来ないんじゃないかと心配しましたが、普通に用を足しているので大丈夫そうです。
やっぱり少し気になるのが舐めてはいますが、今では少し赤みがかっていた部分も普通のピンク色になりました。
アントン君もそろそろですね~。
手術自体は麻酔されているので大丈夫だと思いますが、血液検査が大変だったようです。(^_^;)
by: まる@管理人 * 2006/10/24 12:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://malthop.blog36.fc2.com/tb.php/216-71351805
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。