スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
捨て猫保護 【その1】
2007 / 08 / 05 ( Sun )
実は先日捨て猫を保護しました。
そのことについて記事にします。
長くなるので何日かにわけて書きます。


*************************

7月15日 台風で大雨

バイト先で開店準備のため看板&のれんを出しに行くとすぐ近くで子猫の泣き叫ぶ声・・・

最初なかなか姿を確認できませんでしが、同じビルにあるお店の竹囲いの中でモゾモゾ動いているキジトラと思われる子猫がおりました。

「お前1人なの?」などと声をかけると大きな声で返事をします。

ちなみにこのあたりで見かけるのは茶トラばかりで、キジトラはみたことありません。

捨てられたのか、はぐれたのか・・・いろいろ考えつつもとりあえず仕事に戻りました。

*************************

この日、台風のせいでお店の客足も伸びず、予定より早くあがることに。
仕事中ずっと気になっていたので、すぐにさっきの場所を覗きこみました。
姿が見えないので「もういないの?」と声をかけると小さい声で返事が・・・
朝より全然元気がない声。

「う~ん、困った・・・」

とりあえず、旦那にメール。

私:「子猫が店の前にいるんだけど・・・」

旦那:「捨て猫?」

私:「分からないけど朝からずっと1人でいるの。」

旦那:「困ったねぇ・・・」

メールしながら声だけする子猫の姿を探しました。
すると竹囲いの中の箱庭風な場所にある店をライトアップするための電球にくっついてうずくまっているのが見えました。

そんな近くにいたらライトの熱で火傷しちゃう・・・
バス通りだし、商業地区だし、カラスいっぱいだし・・・・
台風だし・・・

いろんなことが頭をよぎります。

旦那:「危ないね~。保護する?」


私も旦那も、絶対放っておけない性分なのはお互い理解していました。
だからこういう状況には出くわしたくなかったのが本音です。


箱庭のあるお店の人に声をかけたら、お客さんが帰ってからなら箱庭に入ってもいいと言われたので1時間ちかく店の前で待っていました。

待っている間、やっぱりこのまま帰ろうかと何度も考えました。
ビアンカのこともあるし、外猫の持っている病気も正直怖い。

いろいろ考えているうちにお客さんがお店から出てきました。
(ちなみに出てきてから気づいたのですがお客さんはYOUさんご一家でした)

結局、箱庭に入れてもらい、電球のそばにうずくまっていた子猫を抱き上げました。
柵越しに見たより小さくてしかもすごい軽い・・・


とりあえず持っていた袋に入れ、自宅へ。

DB_20070728_01.jpg

ちょっと怯えています。なんか小さいときのディラそっくりw

自宅ではバスルームに隔離しました。
まずはご飯をと与えるみるとバキュームカーのように一瞬で吸い込みました。
するとちょっと元気が出てきたのか、ちっこいくせに「シャーシャー」威嚇。

お腹が落ち着いたところで身体チェック。
体中がノミの糞に埋め尽くされています・・・・(汗
あちこちに血がにじんでいるのも分かりました。

午後の診療が始まる時間になったのでまた袋に入れて車で病院へGO。
行く途中、膝の上で豪快にチッコされました。(^_^;)

******************

先生に診せると猫風邪は軽め。
でも一応インターフェロンの目薬をもらいました。
血が滲んでいるのはノミが痒くて自分で噛んだ傷っぽいとのこと。
とにかく綺麗に洗って、ノミ・ダニ・回虫の駆除をと指示されました。
ちなみに体重は680g。生後2~2.5ヶ月の男の子。
この時点での血液検査は白血病、エイズともに陰性
3週間の潜伏期間があるので3週間後にまた検査をしてもらうことになりました。

ディラとビアンカには念のためもう1度ノミ・ダニの薬をし、チビは念入りにシャンプー。
シャワーをかけた瞬間、ノミの糞が溶けて浴室の床が血にそまりました・・・(汗

DB_20070804_01.jpg

シャンプーされて不機嫌です。不細工に写ってますがもっと可愛いです。

2人がかりで可能な限りノミを排除し、駆除薬をつけました。
綺麗になってからもう1度体をチェックすると、あごの先に火傷のような傷と鼻の頭にもすりむけたような傷。
あとお尻の穴が脱肛気味
下痢が続いていたのかもしれません。

とりあえず一仕事終えたので落ち着かせるためにダンボールにタオルを敷き、簡易トイレを設置。様子を見ることにしました。

--続きは後日の記事にて--


こちらのランキングに参加しています! 
それぞれ1日1回クリックしてくださると更新の励みになります!
ranking_01.jpg  ranking_02.jpg  

スポンサーサイト
捨て猫保護 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<捨て猫保護 【その2】 | ホーム | さて、ディラはどこでしょう?>>
コメント
----

ホントだ、ディラちゃんに似てる~^m^

ビアンカちゃんのこともあるのに、タイヘンですね。
”ゴハンをバキュームカーのように一瞬で吸い込みました”って・・・。よほどおなかがすいていたんでしょうね。なんだか、光景が目に浮かびます(~_~;)

ところで・・・CSIのニック・ストークスさん、また髪型が変わりました。今度はヒゲを剃り落として、前髪たらしていて、彦摩呂のようです^_^;
スキンヘッドもあったし、もうこの人が何をしたいのかわからない~(~o~)
by: 猫乳母 くんちゃん * 2007/08/06 00:04 * URL [ 編集] | page top↑
--おおお!--

臨場感あふれるストーリーに手に汗握りました(爆)
わかります…猫飼いなら誰でも恐れる状況ですよね…実はうちの白黒猫も、某国在住中アンティークショップに行ったら「マダムがもらってくれないと死んでしまう」と半ばおしつけられたねずみのような塊(失礼)でした…当時600G、ノミだらけでした。ノラは強いので、まるさま宅でケアされたらきっと強く美しい猫に育つと思いますが…ディラちゃんビアンカちゃんのことがあるから大変ですよね…

PS白黒猫はその後、日本の獣医さんに「すばらしい筋肉の発達ですね!」というほどワイルド系に育ちました…
by: aです * 2007/08/06 06:59 * URL [ 編集] | page top↑
--いつもコメントありがとうございます!--

■猫乳母くんちゃんさんへ

ホントすごい食欲なのです・・・
食べ方もまるでワンちゃんみたいです。
その原因は次の記事に書きます。
今はご飯の心配がいらないと分かったのか、ずいぶんと落ち着いてきました。

ニックの髪型みてみたいなーw
我が家は先日ホワイトハウスの4thシーズンを見終わりました。
秋まで見るものがなくて困ってますw


■aさんへ
そうなんですよね、、、
どうしようどうしよう・・・って右往左往しておりました。
ちなみに三十数年間生きてきて、捨て猫が目の前に現れたのは初めてなんです。
実家にも猫が4匹おりましたが、1匹はもらってきて、1匹は迷い込み、残り2匹は姉と弟が拾ってきました。
白黒猫ちゃん、aさんに出会えてホントによかったですね!
野良ちゃんは強い・・というのはホント実感しております。
次の記事にもしますがお腹に虫がたくさんいたのです・・・
それでも元気にはしゃぐ姿を見ると「頑張らなきゃ」と思います!
by: まる@管理人 * 2007/08/06 12:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://malthop.blog36.fc2.com/tb.php/308-e39b5527
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。